ホーム
>
誰かに相談したい
>
本を読んでみる
>
苦手な科目を好きになる! 興味を持つ”きっかけ”を与えてくれるマンガ5選

2018年3月28日

苦手な科目を好きになる! 興味を持つ”きっかけ”を与えてくれるマンガ5選

苦手な科目を好きになる! 興味を持つ”きっかけ”を与えてくれるマンガ5選

マンガを読むことで、すぐに成績が上がるということはありません。しかしその分野へ興味が芽生えたら、苦手な科目の勉強も少し楽しくなるはず。

今回は、中高生の多くが苦手と感じている古文や英語、理科を教科書とは少し違った角度から捉え、興味を持つきっかけになりそうな作品を選んでみました。
 

【国語・古文】『ちはやふる』((c)末次由紀/講談社)

ちはやふる1巻

百人一首を用いたスポーツ”競技かるた”。そのダイナミックな世界に没頭する少女・千早を中心に、等身大の高校生たちの「青春」「恋愛」「成長」を描いた作品。アニメや映画でなじみある人も多いのでは。

実は百首のうち、四十三首は恋の歌。古文は現代人にあまりなじみのないものですが、歌の中に込められた「誰かのことを強く想う気持ち」は、現代を生きる私たちとも共通しています。

本作を読むと、百人一首の一つひとつの和歌に意味があることがわかります。歴史上の歌人と時を超えて対話する、そんな楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

▼『ちはやふる』(Amazon)
http://amzn.asia/dY6Y6vn
 

【国語・古文】『まろ、ん?―大掴源氏物語』(小泉吉宏/幻冬舎)

まろ、ん

源氏物語の大筋をつかめる入門書。54帖ある源氏物語が、1帖8コマと見開きでコンパクトにまとめられています。源氏物語は登場人物が多く人間関係も複雑に絡み合った作品ですが、随所に関係図が用意されているので、整理しながら読み進めることができます。

「ブタとシッタカブッタ」でお馴染みの小泉吉宏さんの愛らしいイラストで抵抗感なく読める一方、時代背景や風習、習慣、源氏が出世するにつれて変わる装束の模様まで丁寧に解説されています。

古典が苦手な人にこそ読んでもらいたい一冊。本作で源氏物語の世界に興味を持てれば、別の源氏物語のマンガへのチャレンジもおすすめです。

▼『まろ、ん? ―大掴源氏物語』(Amazon)
http://amzn.asia/5zvt8Vl
 

【英語】『バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究』(漫画:Jay.脚本:スティーヴン・モファット、マーク・ゲイティス/KADOKAWA)

バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究
Based on the TV series SHERLOCK Copyright ©2015 by Hartswood Films. Permission for this edition was arranged with Hartswood Films Limited through The English Agency (Japan) Ltd.

英語に苦手意識がある人にもおすすめなのが、バイリンガル版です。作品中のセリフや吹き出しはすべて英文になっていますが、欄外に日本語訳が入っているので安心です。

アーサー・コナン・ドイル原作の『シャーロック・ホームズ』シリーズ。今回紹介するのは、「21世紀版シャーロック・ホームズ」として放送されたドラマ『SHERLOCK』のコミカライズ作品です。天才的な頭脳を持つシャーロック・ホームズがスマホやインターネットを駆使し、元軍医・ワトソンと2人で事件を解決していきます。

どう展開するかわからないハラハラとドキドキを楽しめるのは、ミステリー作品ならでは。まずはストーリーを楽しむことを最優先に、読み進めてみましょう。

BBC放送時の脚本をもとに再編集しているので、ネイティブの言い回しが学べ、英語の勉強にはうってつけです。

▼『バイリンガル版 SHERLOCK』(Amazon)
http://amzn.asia/7OA5la3
 

【理科・生物】『はたらく細胞』((c)清水茜/講談社)

はたらく細胞1巻

私たちの体の中で活躍する細胞たちが、擬人化されキャラクターとして登場。物語としても非常に面白くできていて、笑える要素も盛りだくさん。

怪我をしたときや花粉を吸ったとき、インフルエンザにかかったとき、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか。楽しみながら体内の仕組みや免疫について学べます。

「この細胞はどうやって働くんだっけ?」とテストで悩んだときにも、キャラクターを思い浮かべればスラスラ解けそうです。生物好きにもそうでない人にもおすすめのマンガです。

▼『はたらく細胞』(Amazon)
http://amzn.asia/dmZGkpc
 

【理科・地学】『宇宙兄弟』((c)小山宙哉/講談社)

宇宙兄弟1巻

宇宙飛行士になることを夢見た兄弟の物語。宇宙飛行士を目指している人だけでなく、ロケット開発者、地球に帰還するときに使用するパラシュートの設計者、訓練担当官……一人ひとりにストーリーがあり、読みごたえ抜群です。

近未来におけるNASAやJAXAのメカ技術や天文学などの知識から、宇宙飛行士になるための訓練や月面活動まで、宇宙に関する幅広い話がリアルに描かれています。宇宙や工学、物理に興味を持つきっかけになるかもしれません。

さらに本作には、「本気の失敗には価値がある」「悩むなら、なってから悩みなさい」など、“やる気”にさせてくれる名言がたくさん出てきます。その言葉に影響され、行動に移す人も少なくないのでは。

▼『宇宙兄弟』(Amazon)
http://amzn.asia/bmPBb9R
 

マンガで読解力も鍛えよう

マンガは絵で描かれていますが、読む文章量も意外と多いもの。そのため作品を読みこんでいるうちに、自然と読み手の読解力や言語力、想像力を鍛えてくれます。「苦手な科目は国語」という人にも、マンガはおすすめです。

ストーリーを楽しみながら読解力を深め、教科書だけでは見えなかった科目の面白さも感じてみてください。

(選書・執筆:水本このむ 編集:鬼頭佳代/ノオト)

カテゴリー:,

キーワード:,,,

おすすめ記事

  • CLISK
  • 通信制高校ナビ

PAGE TOP