ホーム
>
誰かに相談したい
>
専門家の話を聞く
>
通信制と全日制で迷ったら? 大前学園に聞く、自分に合う高校の選び方

2018年8月30日

通信制と全日制で迷ったら? 大前学園に聞く、自分に合う高校の選び方

通信制と全日制で迷ったら? 大前学園に聞く、自分に合う高校の選び方

「高校に行こう!」と決めたら、待っているのは学校選び。さまざまな学校があるのはもちろん、全日制、定時制、通信制などいろいろな通学形態があるため、「自分には何が合っているのか」と迷う人もいるのではないだろうか。

自分に合う学校・通学形態はどう選べばいい? 学校選びのポイントは?

兵庫県で2つの学校、計4コースを運営する学校法人・大前学園の大前繁明理事長、後藤直樹学院長、佐藤正樹事務局長に話を聞いた。
 

兵庫県で2つの学校、計4コースを運営する学校法人・大前学園

002
左から後藤学院長、大前理事長、佐藤事務局長

――大前学園では、2つの学校、4つのコースを運営しているんですよね。

大前:はい。大前学園は兵庫県にあり、西宮甲英高等学院と、猪名川甲英高等学院を運営しています。

▼学校法人 大前学園
https://www.kouei.ed.jp/

後藤:西宮甲英高等学院は全日コースと通信コースがあります。全日コースは、週5日通学する商業系の学校で、1学年の人数は60名です。

佐藤:西宮甲英高等学院の通信コースは、年間約30日のスクーリングを自分で時間割を決めるコースと、週3日通学するコースに分かれています。通信コースの1学年の人数は、2コースあわせて約100名です。通信課程で、学校や校外で行われる「スクーリング」を組み合わせて高校卒業資格を取得します。

大前:猪名川甲英高等学院は全日コースのみで、週5日通学する農業系の学校です。2年前に新設し、1学年の人数は30名です。
 

生徒たちの卒業後の進路は?

――大前学園に通う生徒たちの卒業後の進路について教えてください。

大前:西宮甲英高等学院は、全日については約90%以上が進学希望です。その中で大学進学は8割強です。就職する生徒は、学年で1~2名でしょうか。

猪名川甲英高等学院は新設コースで、一期生が現在3年生で、来年3月に初めて卒業生を出すためまだわからないのですが。通信コースにおいても、そこまでの割合ではありませんが、大学進学を希望する生徒は多いですね。

003
猪名川甲英高等学院でオクラの収穫をする生徒たち

――通信制高校の卒業後の大学進学率は16.7%(2012年・文部科学省「高等学校教育の現状」より)と考えると、かなり高い数字ですね。学校側が大学進学を勧めるのでしょうか。

大前:全員が大学に行けばいいということではないので、無理に勧めることはしません。ただ、そもそも大学進学を希望する生徒、保護者が多いので、それに応えている形ですね。また、生徒の特性を見て、大学進学がいいのではないかと思えば、大学進学を勧めます。

佐藤:通信コースでは、入学時から大学進学を視野に入れている人も多いです。入学前から、学院卒業後の進路まで見据えている人が多いと感じます。

後藤:逆に、全日コースでは、入学時に学院卒業後の進路までは考えられていないことが多いです。入学してからだんだんと自信が持てるようになって、「これはもしかしたら大学に行けるのでは……」と考えるようになるパターンが多いですね。
 

入学時に、親も子も自信を無くしている

――「入学してからだんだんと自信が持てるようになってくる」ということは、入学時は自信が無い状態の人も多いのでしょうか。

後藤:全日コースでは、「中学校生活がうまくいかなかった」と思っている生徒や保護者は多いですね。現在、全日コースに通う生徒の8割が不登校経験者、または不登校傾向にあった生徒です。ASD(自閉症スペクトラム障碍)やADHD(注意欠陥・多動性障碍)などの発達障碍や学習障碍(LD)などを持つ生徒もいます。

「教室にいられなかった」「どうしても周囲とトラブルになってしまった」など、いろいろな理由で中学校になじめなかった子は、高校入学時には「ここでうまくやっていけるだろうか」と不安な状態なんですね。しかし、大前学園に通ううちに、成功体験の積み重ねと自己達成感からだんだんと「あ、集団生活、できるじゃん」と自信が持てるようになっていく。それで、「大学にも行ってみようかな」と考える生徒・保護者が多いです。

004
西宮甲英高等学院全日コースの部活動の様子(ハンドボール部)

――中学校でうまく集団生活にもなじめなかったのに、大前学園では集団生活を送れるのは、なぜなのでしょうか。

後藤:例えば「教室で席に座っていられない」という特徴がある人が、どんな状況でも100%その行動を取るかというと、そうではないんです。「席に座っているのが苦手」という自分の特徴を周囲がわかってくれている状況と、まったく理解されていない状況では発現する行動が変わります。

――ある特性があっても、状況によって行動は変わる。考えてみれば当たり前のことですね。

後藤:はい。「絶対に席に座っていなければならない、もし教室を飛び出したりしたら変なやつだと思われる状況」と「できれば席に座っていよう。でも、もし飛び出したりしても、自分のことを変な奴だと責める人はいない状況」では、前者の方がストレスレベルが高く、やってはいけないことを実際に行動に移してしまうことが多いんです。
 

「発達障碍傾向があって集団生活が苦手だから、登校の少ない通信制高校が向いている」は思い込みかも?

――発達障碍傾向があると集団生活になじみにくい傾向があるので、あまり通学をしなくてもよい通信制高校が合っているのかなと思っていたのですが、先生方のお話を聞いていると、そうとは言い切れないみたいですね。

後藤:はい。うちでは、むしろ全日コースの方が、発達障碍を持っている人や、診断はされていないが発達障碍傾向がある人への対応が得意なんです。

学習面では、例えば知能レベルが高くても、ディスレクシア(読字障碍)などの学習障碍があって、試験の点数を取りにくい生徒もいます。その場合は、試験の紙の文字を大きく表示したり、問題文を長く複雑にせず、なるべくわかりやすく区切って見せたりしています。同じ内容でも、見せ方だけで理解度がかなり変わりますから。

005
猪名川甲英高等学院の部活動の様子(クッキング部)

後藤:全日コースは生徒の通学頻度が高く、一人ひとりの特性をキャッチしやすいので、こういったきめ細かな対応が可能です。入学後、教師が生徒に関わっていく中で「発達障碍傾向にあるな」と感じたら、慎重に観察しつつ、保護者にお知らせすることもあります。

佐藤:大前学園に限らず、「すでに自分の特性、対処法をわかっている」人の方が通信制高校に向いているかもしれません。教職員もフォローしますが、基本的には自己管理ができた上で、学習や生活を進めていかなくてはなりませんから。

――自分の特性の把握や、長所や短所との付き合い方がどこまでわかっているかによって、全日制や通信制など、どんな通学スタイルを選ぶかが変わってくるのですね。

大前:もちろん、学校やコースによってもさまざまな特徴があるので、一概には言えないですけどね。例えば大前学園では、全日コースの一学年の人数が少ないため、教師たちも細やかな対応ができています。ほかの全日制高校でも同じような対応ができるかというと、必ずしもそうとは言えないでしょう。特に、人数が多いところだと難しいと思います。
 

人はそれぞれ特徴があり、苦手なこと、得意なことは違う

――通信コースでも、入学時に自信をなくしている生徒や保護者は多いと感じますか?

佐藤:4月入学時には、そういう方はほとんど見かけませんね。というのは、通信コースの場合は、4月入学の方は、すでにスポーツなど特定の分野で活躍している人もいるので、「やりたいことがあるから通信制を選んだ」という生徒も多くいます。スポーツなどの世界では以前から通信制高校の選択はよくありましたが、最近は、スポーツに専念する以外でも、ポジティブな理由での入学が増えています。

しかし、年度の途中で通信制高校に転入・編入してくる方というのは「中学卒業後に一度普通高校に入学したが、うまくいかなかった」という方が多い。なので、生徒・保護者ともに、落ち込んでいたり、疲れていたりする場合も多いですね。

006
西宮甲英高等学院通信コースの校外スクーリング。体育の授業として、京都の保津川でラフティング

佐藤:そういう場合は「今うまくいかなくって、よかったじゃないですか」と言っているんです。人生の中で、誰しも「うまく波に乗れなくなる時期」があると思うのですが、それがどこで来るか、というだけの問題なんだと思います。もし学校を卒業した後で折れたら、もっと大変だったかもしれません。だって、それまでずっと我慢したり無理したりしていることが表面化してくるわけだから、後になればなるほど、本人にとってキツイはず。保護者の方が一緒についていられる中学、高校時代にうまくいかなくなってラッキーだったと思うんですよ。

「なんだかうまくいかなくなってきたぞ」と感じたら、それが自分を見つめ直すチャンス。周囲との齟齬を感じたら、ぜひ「自分はどんな人間なのか」「何を嫌だと感じるのか」「どういうことが好きなのか」を考えてみてほしいです。自分がどんな人間なのかが少しずつでもわかれば、周囲に「自分はこんな人間なんだ」と伝えることや、周囲に対処法を一緒に考えてもらうこともできます。

後藤:そうですよね。全日コースでも、発達障碍傾向があっても、高校に通うタイミングで対応方法を学べたなら、本人にとってよかったと思います。

西宮甲英高等学院の全日コースの生徒は、卒業後、大学でも生き生きと活動する人も多いんです。それはおそらく、学院在学中に「人はそれぞれ違う」ということを自然に受け入れられるようになったからだと思います。だから大学に進学し、いろいろなバックグラウンドを持つ人と接したときにも戸惑いが少ないのでしょう。

大前:大前学園では、発達障碍とは関係なくても、「人はそれぞれ特徴があり、苦手なこと、得意なことは違う」という前提を教職員たちが共有しています。その空気に触れることで、生徒たちも自然に自分自身や他人を否定しない、多様性を受け入れるニュートラルな感覚を養っていくんだと思います。
 

自分の苦手なこと、得意なことを理解される環境を選ぶ

佐藤:先ほど「絶対に教室の席に座っていなくちゃならない」というストレスがなくなることで行動が変わる、という話があったと思うのですが、通信コースも同じで、「学校に必ずしも通学しなくていい」という状況になることで、逆に通学したくなる人もいます。「来なくていいよ」と言われると、逆に行きたくなるというか(笑)。

実際に、西宮甲英高等学院の通信コースの中でも、特にスクーリング日数の少ない「西宮学習センター」に所属する生徒たちの約2割が、週4日以上登校しています。

007
西宮甲英高等学院の校舎

――「学校に行かなければいけない」「教室の席に座っていなければいけない」に従うか、従わないかではなく、自分の意志で行動を選択できているということですね。

佐藤:はい。もちろん、「スクーリングの少ない通信コースに入学して、実際にあまり通学をしない」という選択をしてもいいですし。それは、本人の特性とか、好みとか、事情にもよると思います。学校以外に日常的に通う場所があるとか、バイトをたくさんしているとか、やりたいことがあるとかね。もちろん「人のたくさんいる場所は苦手だけど、高卒資格は欲しい」という人も大勢います。

後藤:「人のたくさんいる場所が苦手」とか、自分の特性や好みをよく把握できていると、学校やコースが選びやすくていいですよね。例えば、西宮甲英高等学院の全日コースは週5日登校で、制服があり、頭髪などに関するルールもあります。それが合う人もいれば、どうしても嫌だという人ももちろんいる。大事なのは、いろいろな学校を調べて、見学して、自分に合う学校やコースを選ぶことです。

大前:自分が何を嫌だと感じるのか。苦手と感じているけど、できれば克服したいのかどうか。「自分がどうしたいのか」がわからないと、自分に合う場所も見つけづらいですから、まずは自分がどう感じているのかをよく見つめてみてほしいですね。
 

通信制高校は「コミュニティで」、全日制高校は「職場」!?

佐藤:私、通信制高校は「コミュニティ」で、全日制高校は「職場」みたいなイメージだと思うんですよね。通信制高校は、ラフに所属できるコミュニティで、通学しても通学しなくてもいい気軽な感じ。少しだけ学校に行ってスタッフとしゃべったり、友達ができたりすることもある。全日制高校は、毎日通う職場、会社みたいな感じ。こういうふうに表現すると、「高校は全日制高校に通うのが当たり前」と思っている保護者の方にもイメージが伝わりやすいかなと思います。生徒自身がどういう通学形態や学校に合うか、生徒も保護者もよく考えてみてほしいです。

008
西宮甲英高等学院全日コースのオープンスクールの様子

後藤:うちの学校でも、オープンスクールがあって、その後、個別相談の時間があります。生徒と保護者が自分で認識していないことも、教職員と話すことで明確になったり、客観的な意見が出たりすることもあるので、ぜひ話をしに来てください。もちろん見学に来たから、必ずしも西宮甲英高等学院、猪名川甲英高等学院に入ってくださいということではありません。生徒それぞれに何が合っていそうか、うちの学校だったらどのように対応できるか。まずは一度オープンスクールに来てみてほしいです。

大前:生徒たちには、大前学園を「安心できる居場所」と感じてもらえたらうれしいです。この居場所があることで、安心してさまざまなことにチャレンジしていける。学校でもいろいろなチャンスがある。そんな学校でありたいと考えています。

(企画・取材・執筆=田島里奈 編集=鬼頭佳代/ノオト)

<取材先>
●学校法人 大前学園
兵庫県で西宮甲英高等学院、猪名川甲英高等学院と2つの学校、4つのコースを運営する学校法人。平成元年に、故・大前春一氏の寄付財産により開校。
▼学校法人 大前学園
https://www.kouei.ed.jp/
通信制高校を探すなら

カテゴリー:,

キーワード:,,

おすすめ記事

  • CLISK
  • 通信制高校ナビ

PAGE TOP